「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ハンス・ファラダ

Hans Fallada

1893-1947。本名ルドルフ・ディッツェン。司法官僚の息子としてグライフスヴァルトに生まれる。26歳で作家デビュー、グリムのメールヒェンから取ったハンス・ファラダのペンネームを名乗る。横領罪で服役後、地方新聞の記者として取材した農民の暴動をもとにした『農民、幹部ども、爆弾』(1931年)に続いて、大恐慌と不況に見舞われるドイツ人を描く1932年刊行の『ピネベルク、明日はどうする!?』(赤坂桃子訳、みすず書房)で一躍人気作家となる。その後、ナチスによって「望ましくない作家」に分類されながらも執筆は許され、反ユダヤ的な作品や国策映画の原案などの執筆命令などをうけて困難な執筆生活を続けた。アルコールおよび薬物依存、精神病院入院を経て、終戦を迎える。1946年に『ベルリンに一人死す』(赤根洋子訳、みすず書房)を書き上げた3ヶ月後に没した。


 

ハンス・ファラダ の書籍一覧

  • ピネベルク、明日はどうする!?
    ピネベルク、明日はどうする!?
    [著者] ハンス・ファラダ   [訳者] 赤坂桃子  
    時はワイマール共和国末期、空前の大量失業時代。 彼、ピネベルクは北ドイツの町で簿記係として働くホワイトカラーの23歳。彼女、「子羊ちゃん」ことエマは22歳。バルト海に面した町の労働者階 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-08594-2 C0097
    • 2017年6月20日発行
  • ベルリンに一人死す
    ベルリンに一人死す
    [著者] ハンス・ファラダ   [訳者] 赤根洋子  
    1940年、ベルリンの街はナチスの恐怖政治に凍りついていた。政治のごたこたに関わらないよう静かに暮らしていた職工長オットー。しかし一人息子の戦死の報せを受け取ったのち、彼と妻アンナは思 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/616頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07703-9 C0097
    • 2014年11月25日発行