「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エーリヒ・ケストナー

Erich Kastner

1899-1974。ドレスデンに生まれる。ライプツィヒ大学でドイツ文学を学び、1927年、ベルリンへ移って新聞・雑誌に演劇批評などを書く。1928年、詩集『腰の上のハート』『エミールと探偵たち』刊行。大成功をおさめた『エミールと探偵たち』に続いて、挿絵画家ヴァルター・トリヤーとのコンビで発表された痛快でユーモアあふれる作品は世界中で読まれ、ことに日本では、明るく前向きな児童文学作家としてのみ語られてきたが、ドラマ、台本、評論、詩集など、むしろ大人のための作品を数多く書いた。ナチス政権下の時代、自伝的モチーフもそなえる、時代と風俗の痛烈な風刺小説である『ファビアン』(丘沢静也訳、みすず書房)も焚書に付され、執筆禁止となったが、亡命をせず、終戦を迎える。近年、本格的な伝記や〈原典版 ファビアン〉とも呼ぶべき『犬どもの前に行く』(2013)が出版され、シニカルな風刺家としての、もうひとつの姿がクローズアップされはじめている。


 

エーリヒ・ケストナー の書籍一覧

  • ファビアン
    ファビアンあるモラリストの物語
    [著者] エーリヒ・ケストナー   [訳者] 丘沢静也  
    「当時の大都市の状態を描いている本書は、詩や写真のアルバムではなく、風刺なのだ。あったことをそのまま記述せず、誇張している。モラリストたる者、自分の時代に突きつけるのは、鏡ではなく ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07877-7 C0097
    • 2014年11月25日発行