「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジェレミー・ウォルドロン

Jeremy Waldron

1953生まれ。ニュージーランド出身の法学者。現在、ニューヨーク大学ロースクール教授。専門は憲法理論、法哲学、政治理論。ジョン・ロックの研究者であり、現代リベラリズムに属する理論家であると同時に、司法審査への反対論や対テロ戦争における人権侵害への批判でも知られる。著書にLiberal Rights: Collected Papers 1981-1991 (Cambridge University Press, 1993), The Dignity of Legislation (Cambridge University Press, 1999)〔『立法の復権』長谷部恭男・愛敬浩二・谷口功一訳、岩波書店、2003年〕, Law and Disagreement (Oxford University Press, 2001), God, Locke, and Equality (Cambridge University Press, 2002), Torture, Terror, and Trade-offs: Philosophy for the White House (Oxford University Press, 2010), The Harm in Hate Speech (Harvard University Press, 2012)〔『ヘイト・スピーチという危害』谷澤正嗣・川岸令和訳、みすず書房、2015〕などがある。


 

ジェレミー・ウォルドロン の書籍一覧