「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジル・クレマン

Gilles Clément

1943年フランス、クルーズ県生まれ。庭師、修景家、小説家。植物にとどまらず生物全般についての造詣も深く、カメルーン北部で蛾の新種(Bunaeopsis clementi)を発見している。庭に植物の動きをとり入れ、その変化と多様性を重視する手法はきわめて特異なもの。現在、ヴェルサイユ国立高等造園学校名誉教授。代表的な庭・公園に、アンドレ・シトロエン公園(パリ、1986-92、1992-98)、アンリ・マティス公園(リール、1990-95)、レイヨルの園(レイヨル=カナデル=シュル=メール、1989-1994)などがある。著書として、庭園論に『動いている庭』(1991〔山内朋樹訳、みすず書房、2015〕)、展覧会カタログ『惑星という庭』(1999)、『第三風景宣言』(2004)、コレージュ・ド・フランスでの講演をもとにした『庭、風景、自然のひらめき』(2011)、小説に『トマと旅人』(1997)ほか多数。


 

ジル・クレマン の書籍一覧

  • 動いている庭
    動いている庭
    [著者] ジル・クレマン   [訳者] 山内朋樹  
    「植物はつくりこまれた庭から逃れて、ただ花を咲かせるのに適した地面だけを待ち望んでいる。あとは風が、動物が、機械が、種子をできる限り遠くへと運んでいく。 自然はこうして、とりなして ...
    • A5変型判 タテ218mm×ヨコ156mm/216頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07859-3 C0070
    • 2015年2月25日発行