「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョナサン・M・メツル

Jonathan M. Metzl

ミシガン大学女性研究学科および精神医学科准教授。同大学で彼は文化・健康・医学のプログラムを指揮している。著書に、Prozac on the Cough: Prescribing Gender in the Era of Wonder Drugs (2003)、Protest Psychosis: How Schizophrenia Became a Black Disease (2010) がある。


 

ジョナサン・M・メツル の書籍一覧

  • 不健康は悪なのか
    不健康は悪なのか健康をモラル化する世界
    [編] ジョナサン・M・メツル   [編] アンナ・カークランド   [執筆] ヴィンカーン・アダムス   [執筆] ローレン・バーラント   [執筆] レナード・J・デイヴィス   [執筆] カール・エリオット   [執筆] S・ロッホラン・ジェイン   [執筆] ユンジュン・キム   [執筆] リチャード・クライン   [執筆] クリストファー・レーン   [執筆] キャスリーン・ルベスコ   [執筆] ジョセフ・マスコ   [執筆] ドロシー・ロバーツ   [執筆] トビン・シーバース   [執筆] ジョアン・B・ウォルフ   [訳者] 細澤仁   [訳者] 大塚紳一郎   [訳者] 増尾徳行   [訳者] 宮畑麻衣  
    なぜ私たちは健康でなくてはならないのだろうか? なぜ私たちは肥満していてはいけないのだろうか? そしてなぜ私たちは、性的にも精神的にも遺伝子的にも健康でなくてはならないのだろうか? ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/296頁
    • 定価 5,400円(本体5,000円)
    • ISBN 978-4-622-07894-4 C0036
    • 2015年4月10日発行