「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ウィリアム・フィーヴァー

William Feaver

美術評論家。キュレーター。Observer紙他の美術欄などで長く著述活動を行っている。著書に、The Art of John Martin (1975), When We Were Young: Two Centuries of Children’s Book Illustration (1977)〔邦訳『こんな絵本があった――子どもの本のさし絵の歴史』青木由紀子訳、晶文社、1978〕, Master of Caricature (1981), Pitmen Painters: Ashington Group, 1934-1984 (1988)〔邦訳『イングランド炭鉱町の画家たち――〈アシントン・グループ〉1934-1984』乾由紀子訳、みすず書房、2015〕, Van Gogh (1990)〔邦訳『ゴッホ(岩波 世界の巨匠)』水沢勉訳、岩波書店、1993〕, Lucian Freud (2007), Frank Auerbach (2009)他。キュレーターとして、テート・ギャラリーのルシアン・フロイド展(2002)をはじめとして国内外での展覧会企画も多数。アシントン・グループ・トラスト理事。


 

ウィリアム・フィーヴァー の書籍一覧