「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



関口裕昭

せきぐち・ひろあき

1964年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒。同大学院博士課程文学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学博士(文学)。現在、明治大学教授。専門は近現代ドイツ抒情詩、ドイツ・ユダヤ文学、比較文学。主著に、『パウル・ツェランへの旅』(郁文堂、2006年、オーストリア文学会賞)、『評伝パウル・ツェラン』(慶應義塾大学出版会、2007年、小野十三郎賞記念特別賞)、『パウル・ツェランとユダヤの傷――《間テクスト性》研究』(慶應義塾大学出版会、2011年、連合駿台会学術賞)、『翼ある夜 ツェランとキーファー』(みすず書房、2015年)などがある。


 

関口裕昭 の書籍一覧

  • 翼ある夜 ツェランとキーファー
    翼ある夜 ツェランとキーファー
    [著者] 関口裕昭  
    鳥は生命の赤さをもつ羽根の上に雪片をのせて運び、 氷の粒子を嘴にくわえて、夏を通りぬけてやって来る。 ――パウル・ツェラン これは無限に小さいものへの言及であり、われわれの知覚能力の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/392頁
    • 定価 6,264円(本体5,800円)
    • ISBN 978-4-622-07841-8 C1098
    • 2015年11月2日発行