「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マーティン・J・ブレイザー

Martin J. Blaser

ニューヨーク大学トランスレーショナル・メディシン教授(Muriel and George Singer Professor)。微生物学教授。米国感染症学会元会長。2013年、米国芸術科学アカデミー会員に選出。30年以上にわたってヒトの健康と細菌の関係について研究を行い、現在はニューヨーク大学のヒト・マイクロバイオーム計画を率いている。著書『失われていく、我々の内なる細菌』が抗生物質の過剰使用に対して鳴らした警鐘の影響は大きく、『タイム』誌は2015年、著者を「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選んだ。主要な著作にJohn E. Bennett, Raphael Dolinとの共編による感染症のロングセラー教科書 Mandell, Douglas, and Bennett’s Principles and Practice of Infectious Diseases (Saunders, 8th edition, 2014)がある。一般向け著作は上記『失われていく、我々の内なる細菌』が初。


 

マーティン・J・ブレイザー の書籍一覧