「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



松村洋

まつむら・ひろし

1952年大阪生まれ。音楽評論家。考察対象はポピュラー音楽全般、とくに沖縄の音楽文化、タイを中心とした東南アジアのポピュラー音楽文化、日本流行歌史、著書『ワールド・ミュージック宣言』(草思社 1990)、『アジアうた街道』(新書館 1999)、『唄に聴く沖縄』(白水社 2002)、『日本鉄道歌謡史』全2巻(みすず書房 2015)ほか。主な論考「越境しない音楽――タイ大衆音楽からの一考察」青木保他編『アジア新世紀(6)メディア』(岩波書店 2003)、「カントゥルム・ロック――タイ・クメール系歌謡の変容」井上貴子編著『アジアのポピュラー音楽』(勁草書房 2010)、「〈民謡〉から流行歌へ――タイのラムウォン歌を中心に」細川周平編著『民謡からみた世界音楽』(ミネルヴァ書房 2012)ほか。


 

松村洋 の書籍一覧

  • 日本鉄道歌謡史 1
    日本鉄道歌謡史 1鉄道開業~第二次世界大戦
    [著者] 松村洋  
    歌と鉄道をめぐる日本近現代史。明治から現在まで、日本の歌謡曲、ポップス、唱歌などから、鉄道を歌った歌、鉄道が情景として出てくる印象的な歌を約50曲選び、時代順に論じる。 鉄道ソングか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07934-7 C1021
    • 2015年8月10日発行
  • 日本鉄道歌謡史 2
    日本鉄道歌謡史 2戦後復興~東日本大震災
    [著者] 松村洋  
    「人びとがただ運ばれて行くだけの鉄道からは、たくさんの哀しい歌が生まれた。そんな過去は変えられないが、未来は変えられる。目の前に延びる鉄路の向こうに、どんな社会があるのか。用意され ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07935-4 C1021
    • 2015年8月10日発行