「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャン=マルク・ドルーアン

Jean-Marc Drouin

1948年生まれ。フランスの科学史家。高校で哲学を教えた後、国立自然史博物館准教授に任命され、アレクサンドル・コイレ・センター副所長、国立自然史博物館の人間・自然・社会部門のメンバーとなる。2004年から、科学史・科学哲学の教授として後進の指導、常設展示と特別展の企画に加わった。2008年退官後は、研究、執筆、講演の日々を送っている。著書に『エコロジーとその歴史』(ミシェル・セール序文、1993)『哲学者の植物標本』(2008)など。2014年、『昆虫の哲学』(2014〔辻由美訳、みすず書房、2016〕)によりアカデミー・フランセーズの「モロン・グランプリ」を受賞。


 

ジャン=マルク・ドルーアン の書籍一覧

  • 昆虫の哲学
    昆虫の哲学
    [著者] ジャン=マルク・ドルーアン   [訳者] 辻由美  
    アリストテレスはクモやサソリまで昆虫に入れていたし、18世紀フランスの博物学者レオミュールはワニまで昆虫に分類することを提案していた。また、人間に比してはるかに小型なその存在は、スケ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07988-0 C0040
    • 2016年5月20日発行