「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



網野徹哉

あみの・てつや

1960年、東京都に生まれる。1984年、東京大学文学部西洋史学科卒業。1989年、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程中退。東京大学教養学部助手、フェリス女学院大学文学部国際文化学科専任講師等を経て、2012年より東京大学教授。専攻はラテンアメリカ史。特にアンデスの先スペイン期(インカ)から植民地時代までの歴史を追い、近年は、異端審問をめぐる思想史や、先住民の遺言書に刻まれた歴史、アンデス世界に生きた女性の歴史などを考究。著書に、『インカとスペイン──帝国の交錯』〈興亡の世界史〉12(講談社、2008)、『インディオ社会史――アンデス植民地時代を生きた人々』(みすず書房、2017)、『ラテンアメリカ文明の興亡』〈世界の歴史〉18(高橋均と共著、中央公論社、1997)、『アンデス世界――交渉と創造の力学』(共編、世界思想社、2014)ほか。


 

網野徹哉 の書籍一覧

  • インディオ社会史
    インディオ社会史アンデス植民地時代を生きた人々
    [著者] 網野徹哉  
    植民地に生きるとは。 近世グローバリゼーションの渦中にあったアンデス植民地世界。スペインによる「征服」(コンキスタ)は社会を根柢から覆す出来事だったが、そののち18世紀の独立革命まで ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/400頁
    • 定価 5,940円(本体5,500円)
    • ISBN 978-4-622-08630-7 C1022
    • 2017年9月8日発行