「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



佐々木寛

ささき・ひろし

1949年盛岡市生れ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒、同大学院文学研究科ロシア文学専攻博士課程単位取得退学。信州大学教養部助教授、同人文学部教授、同全学教育機構教授を経て、信州大学名誉教授。共訳書にミハイル・バフチン全著作第一巻『行為の哲学によせて/美的活動における作者と主人公 他』(水声社、1999)、同第五巻『小説における時間と時空間の諸形式 他』(同、2001)、同第二巻『フロイト主義/文芸学の形式的方法 他』(同、2005)、エレーナ・ムーヒナ『レーナの日記』(みすず書房、2017)その他がある。専門はロシア文学、文学理論。


 

佐々木寛 の書籍一覧