「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



矢倉英隆

やくら・ひでたか

1972年北海道大学医学部卒業。1978年同大学院博士課程修了(病理学)。1976年からハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所、スローン・ケタリング記念癌研究所、旭川医科大学を経て、2007年東京都神経科学総合研究所(現東京都医学総合研究所)免疫統御研究部門長として研究生活を終える。2009年パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌ大学院修士課程修了(哲学)。2016年ソルボンヌ大学パリ・シテ大学院博士課程修了(科学認識論、科学・技術史)。2016-2018年フランソワ・ラブレー大学招聘研究員。2013年からサイファイ研究所ISHE代表。訳書に、クリルスキー『免疫の科学論――偶然性と複雑性のゲーム』(みすず書房、2018)、コサール『これからの微生物学――マイクロバイオータからCRISPRへ』(みすず書房、2019)。


 

矢倉英隆 の書籍一覧