「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鈴木将久

すずき・まさひさ

1967年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。明治大学政治経済学部、一橋大学言語社会研究科を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。専門は中国近現代文学。著書に『上海モダニズム』(中国文庫)、編訳著に賀照田『中国が世界に深く入りはじめたとき――思想からみた現代中国』(青土社)、羅永生『誰も知らない香港現代思想史』(共和国)など。共訳著に柴静『中国メディアの現場は何を伝えようとしているか――女性キャスターの苦悩と挑戦』(平凡社)、梁鴻『中国はここにある――貧しき人々のむれ』(みすず書房、ともに河村昌子・杉村安幾子と共訳)がある。


 

鈴木将久 の書籍一覧