「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



寺西俊一

てらにし・しゅんいち

1951年石川県鶴来町(現白山市)生まれ。帝京大学経済学部教授。一橋大学名誉教授。京都大学経済学部卒。一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は環境経済学・環境政策論。2009年度から一橋大学・自然資源経済論プロジェクト代表。この間に、環境経済・政策学会会長、日本環境会議理事長、日本学術会議連携会員、『環境と公害』(岩波書店)編集代表なども務める。著書に『地球環境問題の政治経済学』(東洋経済新報社、1992)、『新しい環境経済政策――サステイナブル・エコノミーへの道』(編著、東洋経済新報社、2003)、『自然資源経済論入門(1)(2)(3)』(石田信隆との共編著、中央経済社、2010、11、13年)、『農家が消える――自然資源経済論からの提言』(石田信隆・山下英俊との共編著、みすず書房、2018)など。


 

寺西俊一 の書籍一覧