「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



吉村武洋

よしむら・たけひろ

1985年長野県長野市生まれ。公立大学法人長野大学環境ツーリズム学部助教。一橋大学経済学部卒、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。専門は環境経済学・地方財政論。主にアメニティ保全をめぐる制度を研究している。著作に『農家が消える――自然資源経済論からの提言』(共著、みすず書房、2018)、「ルーラル・アメニティ保全のための財政支出――日本の棚田を素材にして」(『財政と公共政策』、2013)、「古都鎌倉の緑地保全のための費用負担――財政支出の分析を中心に」(『財政と公共政策』、2015)など。


 

吉村武洋 の書籍一覧