「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



山川俊和

やまかわ・としかず

1981年愛知県知多市生まれ。下関市立大学経済学部准教授。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。専門は環境経済学・世界経済論。主要研究テーマは、「環境と貿易」の国際政治経済分析。著書に『現代世界経済をとらえる Ver. 5』(共著、東洋経済新報社、2010)、『自然資源経済論入門(2)』(共著、中央経済社、2011)、『農家が消える――自然資源経済論からの提言』(共著、みすず書房、2018)、訳書に、スティーガー 『新版 グローバリゼーション』(共訳、岩波書店、2010)、ヘライナー『国家とグローバル金融』(共訳、法政大学出版局、2015)など。


 

山川俊和 の書籍一覧