「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



小林宏道

こばやし・ひろみち

多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。パルテノン多摩学芸員を経て、多摩美術大学美術館学芸員。「ケーテ・コルヴィッツ展」(1992年、パルテノン多摩)、「福沢一郎は今日から歩き出す」(2008年、多摩美術大学美術館)、「SOUL@AFRICA リンクするアフリカルチャー」(2011年、多摩美術大学美術館)、「宮崎進 すべてが沁みる大地」(2017年、多摩美術大学美術館)などを担当。また「アジアを抱いて 富山妙子の全仕事展1950~2009」(2009年、越後妻有アートトリエンナーレ)も手がける。共著『超現実主義の1937年――福沢一郎『シュールレアリズム』を読みなおす』(みすず書房、2019年)。


 

小林宏道 の書籍一覧