「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ニコラス・チェア

Nicholas Chare

モントリオール大学美術史学科教授。視聴覚分野の現代美術やジェンダー論が専門。トラウマ体験を証言する表現形式としての美術・文学研究でも知られる。2007年、フランシス・ベーコンの絵画研究により、独創的な研究に授与される英国リーヴァーヒューム財団賞を受賞。著書にAuschwitz and Afterimages: Abjection, Witnessing and Representation (2011), After Francis Bacon: Synaesthesia and Sex in Paint (2012), Matters of Testimony: Interpreting the Scrolls of Auschwitz (with Dominic Williams, 2015)〔『アウシュヴィッツの巻物 証言資料』(ウィリアムズと共著)二階宗人訳、みすず書房〕。


 

ニコラス・チェア の書籍一覧