「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



三宅理一

みやけ・りいち

1948年、東京に生まれる。東京大学工学部建築学科卒業、同大学院修士課程を経てパリ・エコール・デ・ボザール卒業。工学博士。芝浦工業大学、リエージュ大学、慶應義塾大学、パリ国立工芸院で教鞭をとり、藤女子大学副学長を経て現在、東京理科大学客員教授。建築史、デザイン理論、遺産学を専攻。ポンピドーセンター、ヴィトラ・デザインミュージアムなどで多くの国際展の企画をおこなう。瀋陽市ユネスコ世界遺産登録の業績に対して瀋陽市栄誉市民、日仏学術交流の業績に対してフランス政府より学術教育功労勲章(オフィシエ等級)を授かる。著書『フランス建築事情』(鹿島出版会1979)『ドイツ建築史』(全2巻、相模書房1981)『世紀末建築』(全6巻、講談社1983-84)『マニエリスム都市――シュトラスブルクの天文時計』(平凡社1988)『エピキュリアンたちの首都』(學藝書林1989)『江戸の外交都市――朝鮮通信使と町づくり』(鹿島出版会1990)『都市と建築コンペティション』(全7巻、講談社1990-92)『ヌルハチの都――満州遺産のなりたちと変遷』(武田ランダムハウスジャパン2009)『パリのグランド・デザイン――ルイ十四世が創った世界都市』(中公新書2010)『限界デザイン――人間の生存にむけた星の王子さまからの贈り物』(TOTO出版2011)『デザインで読み解くフランス文化――クロニクル1950』(六耀社2012)『デザインで読み解くフランス文化――クロニクル1960』(六耀社2014)『安藤忠雄 建築を生きる』(みすず書房2019)、監著『境界線から考える都市と建築』(鹿島出版会2017)、訳書『アルド・ロッシ自伝』(鹿島出版会1984)ほか。


 

三宅理一 の書籍一覧

  • 安藤忠雄 建築を生きる
    安藤忠雄 建築を生きる
    [著者] 三宅理一  
    「いまや何百という単位で世界中に建築作品がつくられ、直島やヴェネチアなどで作品めぐりができるスケールにまで広がって、「安 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/328頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08869-1 C0052
    • 2019年12月24日発行