「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



構造革命<品切>

LA REVOLUTION STRUCTURALE


サルトル的政治イデオロギーの水面下で、深く静かな〈知〉の変換が準備されていた。60年代に噴出した構造主義である。それが人文科学・社会科学・哲学にあたえた衝撃は、革命の名にふさわしい。それは文明のシステム、そのコードを変えた。世界のなかのシーニュ、暗喩、構造などを解読するためには、既成の強迫観念的な、空疎な古いユマニスムは棄てられねばならなかった。この衝撃の強大さは、18世紀、19世紀末の科学革命にも比較できるだろう。
レヴィ=ストロースによる神話解読、ラカンの無意識の精神分析、アルチュセールによる豊かで、反抗的な弁証法の充実などを中核に、ミシェル・セールやクリステヴァの知的星座を配した本書は、構造革命にもっとも詳細な展望をあたえている。〈収容所列島〉の現代の、全体主義的な哲学的政治的閉塞状況にたいする見取図であり、またひとつの処方である。
これは新しい詩学の到来を告げ、ヨーロッパ文明の黄金時代を形成したバロック的、バッハ的、ライプニッツ的世界のもつシンボル系とレトリックの歓びを、ここに再現している。



著訳者略歴

ジャン=マリー・ブノワ
Jean-Marie Benoist

1942年に生まれる。エコル・ノルマル・シュベリュール卒業。ロンドンのリセ・フランセの哲学教授からフランス大使館の文化担当官を経て、1974年以来コレージュ・ド・フランスの講師を務めている。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
早水洋太郎
はやみず・ようたろう

1941年に生まれる。1972年京都大学大学院文学研究科博士課程中退。愛知県立大学外国語学部教授。フランス文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
原田邦夫
はらだ・くにお

1942年に生まれる。1967年名古屋大学大学院文学研究科修士課程修了。現在 愛知県立大学外国語学部助教授。フランス文学専攻。論文「身体のテクスト/テクストの身体」(1982-83)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
本多英太郎
ほんだ・ひでたろう

1941年に生まれる。1968年大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。現在 愛知県立大学外国語学部助教授。西洋近世哲学専攻。著書『フランスの哲学 3』(共著、東京大学出版会、1975)ほか。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「構造革命」の画像:

構造革命

「構造革命」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
定価 4,968円(本体4,600円)
ISBN 4-622-00445-3 C1010
1984年8月1日発行
<ただいま品切です>