「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



至福千年<品切>

西欧のあけぼの

L’AN MIL


「至福千年」は、キリストが再臨して千年間の支配を執行し、そののち最後の審判をくだすという一種の終末説をその背景にもっている。そして本書があつかう西暦千年を中心とした時代こそまさに、至福千年説によって喚起された不安・恐怖がクライマックスに達した時代であったことを、フォシヨンはみごとな筆致で追求してゆく。また、オットーのゲルマン支配体制による世界帝国建設のこころみと挫折も、彼の眼差からそれることはない。西暦千年の歴史的情況を、壮大な全体図として生き生きと描き切り、そのなかから、ロマネスク芸術が生まれ、そのヨーロッパ中世が成熟してゆくありさまを、フォシヨンはすぐれた叙事詩のおもむきをもって再現する。
「西欧の芸術」、「形の生命」などによって著名な美学・美術史家であるアンリ・フォシヨンが同時に一流の歴史家でもあることを、この著者はみごとに証明している。



著訳者略歴

アンリ・フォシヨン
Henri Focillon

1881年、ブルゴーニュ地方のディジョンに生れる。エコール・ノルマルで古典古代文学を学ぶ。1913年、リヨン大学近代美術史講座を担当、同時にリヨン市立美術館館長に就任。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
神沢栄三
かみざわ・えいぞう

1930年富山県に生れる。1959年東京大学大学院修了。現在 名古屋大学文学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「至福千年」の画像:

至福千年

「至福千年」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/168頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-01512-9 C3070
1971年6月5日発行
<ただいま品切です>