「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



幸福の実験<品切>

RETHINK

A Paraprimitive Solution


西欧型先進社会では、現在、われわれが長い間なじんで来た生存の価値やパターンは重大な挑戦を受けている。一方、技術は人類史上、比類ない物質的豊かさと効率的な社会制度を生みだしながら、精神的スラムを現出させ、一般大衆を慢性的な欲求不満に、若い人々をラディカルでアナーキーな行動に駆り立てている。このような社会不安は政治・経済の諸制度の一時しのぎの調整や、なんら本質に迫ろうとしない“価値の転換”“技術の再評価”“人間にふさわしい社会の建設”などの常套句を連呼するだけでは決して解決できないであろう。著者は、深い人類学的、心理学的な視座に立って、社会変動の要因を社会の歴史の中に探り、技術社会によって奪われた人間精神の安定、コンミュニティ、職能上の地位、アイデンティティーなど、不変の社会的要求をいかに維持し、それを技術がもたらすメリットと調和させるかを論ずる。そして“幸福な社会”としての“疑似原始社会”という目標を大胆に設定し、これを実現するには、いかなる実験が必要かを明らかにする。



著訳者略歴

ゴードン・R・テイラー
Gordon Rattray Taylor

1911年イギリスに生まれる。ケンブリッジ大学で生物学を学ぴ、ジャーナリズムの世界に入る。第二次大戦中、BBCで働き、また連合国派遣軍最高司令部(SHAEF)の心理戦争班に勤務した。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
田中淳
たなか・きよし

1940年群馬県に生まれる。国際基督教大学卒業。哲学専攻。訳書 ホッファー『波止場日記』(みすず書房、1971)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「幸福の実験」の画像:

幸福の実験

「幸福の実験」の書籍情報:

/354頁
定価 1,650円(本体1,500円)
ISBN 4-622-01676-1 C1040
1975年2月17日発行
<ただいま品切です>