「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヨーロッパ文明 1<品切>

EUROPE IN THE TWENTIETH CENTURY


著者リヒトハイムはナチス・ドイツに追われて亡命したユダヤ人であり、その著作『マルクス主義』『社会主義の源泉』『社会主義小史』などによって「もっともすぐれた思想史家の一人」「社会主義の知的起源に彼ほど精通している者はいない」(タイムズ・リテラリ・サプルメント)と評されている。
本書は劇的な変化に満ちた20世紀ヨーロッパの歩みを跡づけんとするものである。二つの大戦が中心に置かれてはいるが、著者の目ざすのはより広く、1900-1970年のヨーロッパ文明史なのである。彼は分析の主流に、第一次大戦前夜に存在した伝統的なブルジョア的文化の衰退と表裏一体をなす、知的・芸術的意識の巨大な変化を織りこんでいる。実証主義への批判、哲学・物理学における新しい世界像の創出、絵画・建築・音楽・文学における新しいスタイルの創造など、思想史・科学史・芸術史上の革命的ともいえる展開が政治・社会との関連の上で的確に考察される。それとともに、ロシア革命の勃発、ファシズムの擡頭など、今世紀をゆるがした事件が鋭く分析される。20世紀ヨーロッパ文明のみごとな鳥瞰といえよう。



著訳者略歴

G・リヒトハイム
George Lichtheim

1912年ベルリンに生れる。ベルリン大学、ハイデルベルク大学に学び、1933年ナチス・ドイツを去ってパレスチナに移住。1945年イギリスに亡命しロンドンに居を構え、帰化する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
塚本明子
つかもと・あきこ

1941年東京に生まれる。1964年東京大学教養学部教養学科イギリス分科卒業。1970年同大学大学院比較文学・比較文化博士課程修了。1975-78年オックスフォード大学留学。現在 筑波大学助教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ヨーロッパ文明 1」の画像:

ヨーロッパ文明 1

「ヨーロッパ文明 1」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/268頁
定価 3,190円(本体2,900円)
ISBN 4-622-02039-4 C1022
1979年5月14日発行
<ただいま品切です>