「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



心を探して<品切>

ブルーナー自伝

IN SEARCH OF MIND


アメリカの心理学者ジェローム・ブルーナーの『思考の研究』(1956)は、1950年代後半に起こった〈認知革命〉の導火線であった。時は、人工衛星スプートニクの打ち上げと、それに続く、学問の世界的な拡張の時期である。哲学、言語学、心理学、そして情報科学における〈心〉と〈言語〉への関心の新しい潮流は、〈時代精神〉の大きなうねりを象徴していた。
本書は、まさにその波立つ大海を帆走したブルーナーの知的自伝である。知覚や思考の専門家が、自分の半生をどう認知するか――2歳まで盲目だったこと、ユダヤ人であること、新しい実験の興奮、著書の背景、結婚と離婚、2人の子供たちとの探検、ハーヴァードからオックスフォードへ大西洋をヨットで赴任したこと……
本書のもうひとつの魅力は、ブルーナーの交流の多彩さにある。ウィトゲンシュタインやヴィゴツキーの蓄積に学び、バーリン、ヤーコプソン、ライル、ピアジェ、そしてボーリングやオルポートとの交流から豊かな刺激を受けた半生の物語は、〈生きられた思想史〉の趣さえもつ。
これまで著者は日本では、教育心理学者としてのみ知られてきた。いくつもの顔をもつブルーナーの全貌が、いまはじめて明らかになる。そして本書は、心理学とは何かを理解したい人のための、最良の入門書になるだろう。



著訳者略歴

ジェローム・ブルーナー
Jerome S.Bruner

1915年ニューヨークに生まれる。デューク大学卒業後、1947年ハーヴァード大学で博士号を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
田中一彦
たなか・かずひこ

1947年東京都に生まれる。淑徳大学教授。専攻 心理学。著書『方法論からの心理学』(1982、勁草書房)。訳書 ラマニシャイン『科学からメタファーへ』(1984、誠信書房)他。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「心を探して」の画像:

心を探して

「心を探して」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/512頁
定価 6,480円(本体6,000円)
ISBN 4-622-03064-0 C1010
1993年7月2日発行
<ただいま品切です>