「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



記者 兆民<品切>

著者
後藤孝夫

「先生の文、独り其字々軒昂せるのみならず、飄逸奇突、常に一種の異彩を放って、神韻の文、天馬の空を行くが如く」と幸徳秋水に評された兆民の文章は、新聞雑誌の論説においてもっとも生彩を放った。明治14年、東洋自由新聞主筆として論説記者の閲歴を開始する兆民は、同紙第2号の社説に、「詭激ノ言」と「矯妄ノ行」に走ることなく「精密ノ論」を立て「堅確ノ志」を持続してこそ大業は成る、と書いた。

「自由民権の原理論を説くに先立って、兆民はこれを主体たる人間にとって必須の要件だとした、かれ自身においてそれがどこまで充されたか、これが小著をつらぬく主題である」。

自由平等の大義を説く〈思想家〉兆民の姿はよく知られるところである。しかし明治24年に第一議会で敗れ、実業界に活路を求めている間に、兆民は変貌する。かつて常備軍全廃を「平民の主義、経済の旨趣」に合致すると説いたのと裏腹に、みずから主宰した国民党の機関誌「百零一」創刊号では、軍拡・対露開戦論者となっていた。

本書は、専制政府と戦い続ける曲折に満ちた〈記者〉兆民の全貌を、綿密な実証をもって初めて明らかにするものである。ここに、志向と行動と言論のあり方を問う試金石として、兆民は現代に蘇る。



著訳者略歴

後藤孝夫
ごとう・たかお

1911年大阪に生れる。1934年東京大学経済学部卒業。元朝日新聞記者。編書『明治大正言論資料10 中江兆民集』(みすず書房、1984)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「記者 兆民」の画像:

記者 兆民

「記者 兆民」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 2,700円(本体2,500円)
ISBN 4-622-03344-5 C1021
1990年7月20日発行
<ただいま品切です>