「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



津田真道

研究と伝記


幕藩体制から立憲国家へ、近代日本の変革期最大の知識人の一人、津田真道。西周とともに幕府派遣の最初の留学生としてオランダに渡り、政治学・経済学・統計学を初めて体系的に導入し、幕府を中心にした国家構成を構想するなど、啓蒙者として果たした役割は広くかつ大きい。ここには、編者の半世紀にわたる探求の成果から、それぞれの領域の専門家の論考、同時代人による未刊の伝記草稿までが収められ、忘れられた変革期の洋学者の生涯と業績に初めて本格的な光が当てられる。


目次


津田真道の著作とその時代(大久保利謙)
津田真道の万葉歌成立の背景(桑原伸介)
オランダにおける津田真道(宮永孝)
フィッセリングの経済学と統計学(西川俊作・ステーンベーク)
フィッセリングとブルンチュリ――『泰西国法論』の歴史的位置(坂井雄吉)
津田真道の「将ち来る所の和蘭政事学の書」をめぐって(東田全義)
津田真道の歌文について(山田俊雄)
津山藩記録に見える津田真道(木村岩治)
津田真道伝記資科について(川崎勝)
津田真道伝(高畑定次郎)


著訳者略歴

大久保利謙
おおくぼ・としあき

1900年東京に生まれる。名古屋大学教授、立教大学教授など歴任、国立国会図書館憲政資料室創設に関わり、長く客員調査員をつとめる。1995年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「津田真道」の画像:

津田真道

「津田真道」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
定価 10,044円(本体9,300円)
ISBN 4-622-03500-6 C3021
1997年3月17日発行

この本を購入する