「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ルネサンスのイタリア<品切>

L’ITALIE DE LA RENAISSANCE


夜空に大輪の花を開き、色とりどりの光の雨となって降り注ぎ、突然に消えた花火に喩えられるべき、イタリアのルネサンス。それを胚胎したのはいったいどのような社会だったのだろうか。
いまだ統一されないイタリアに、まず郡市国家か繁栄する。覇権を競うイタリア人はそれぞれに外国人を呼び、また歴代の教皇、神聖ローマ帝国皇帝、フランス国土など諸外国の勢力は、絶えずイタリア介入の機をうかがう。やがて、強烈な個性をもつ専制君主と傭兵隊長の時代が到来する。一方、海洋貿易か栄え、マルコ・ポーロら大胆な冒険家か旅し、職能組合か都市の政治に参画する。アッシージのフランチェスコ、サヴォナローラをはじめとする宗教家があらわれ、多数の修道会が設立され、諸階層の人々が信仰をもとめてそれらのもとへ走る。はなやかな宮廷生活、中産階経の奢侈。そして学問の興隆と、文学、絵画、建築、彫刻等における綺羅星のごとき芸術家の輩出――ダンテとベトラルカをちりばめつつ、あらゆる人物と事件とを描き込んで、碩学の中世史家ラパンドは13-15世紀イタリア社会の像をありありと再現している。



著訳者略歴

E-R・ラバンド
Edmond-Rene Labande

フランスの中世史家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大高順雄
おおたか・よりお

1931年生。1954年東京大学文学部卒業。Diplome d’Etude Superieures、文学博士、フランス国博士。大阪大学名誉教授。現在関西外国語大学国際言語学部数授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ルネサンスのイタリア」の画像:

ルネサンスのイタリア

「ルネサンスのイタリア」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/552頁
定価 8,856円(本体8,200円)
ISBN 4-622-03501-4 C1022
1998年2月25日発行
<ただいま品切です>