「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鶴見良行著作集 7

マングローブ


「東南アジアの文化の原型は、海辺の沼地にあるのではないか」――本巻には、著者言うところの〈長篇歴史ルポルタージュ〉三部作(他の二作は『マラッカ物語』〈第5巻〉と『ナマコの眼』〈第9巻〉)の中核をなす傑作『マングローブの沼地で』とその関連エッセイほかを収める。

筆は、フィリピン・ミンダナオ島、海辺の沼地を歩くところから書き起こされる。スペインの植民地支配との闘いを語る迫真の叙述はさらに南へと転じ、スルー、ボルネオ、サラワクの歴史の風景へとゆるやかに拡がっていく――「島嶼東南アジアは、中央集権制への欲望をあまり持たないばらばらの村落だった」。

移動分散型社会に暮らす人びとの歴史と現状を鮮やかに描く『マングローブ…』に加え、「男の手料理」「民間学についての断章」など、著者の魅力的な横顔がのぞくエッセイを満載し、一冊に編んだ。



著訳者略歴

鶴見良行
つるみ・よしゆき

1926年、アメリカ合州国カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれ。外交官の父の仕事にともない、少年時代、ワシントン、ポートランド、ハルピンなどで在外生活経験を重ねる。水戸高校を経て東京大学法学部を卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
花崎皋平
はなざき・こうへい

この本の関連書


「マングローブ」の画像:

マングローブ

「マングローブ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/464頁
定価 8,100円(本体7,500円)
ISBN 4-622-03817-X C1336
1999年6月22日発行

この本を購入する