「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



宇宙物理学の最前線<品切>

THE PHYSICS-ASTRONOMY FRONTIER


夜ごとの星空は、人間にとって想像力の尽きせぬ源泉であった。科学者たちはいま、その宇宙を壮大な実験室として、自然界の法則を検証する試みを重ねている。相対論、量子力学に導かれた物理学の理論が、天文学的観測の成果と相俟って、天体のふるまいの謎を――さらには宇宙創成のさまをも解き明かしつつある。
本書は、天文学書の常識的なスタイルで書かれた本ではない。自然界に作用する四つの力を、著者はテキストの柱に選んだ。まず、電磁波による観測が明らかにした宇宙の新しい姿が描かれる。恒星のエネルギー源や星の進化は、原子核にはたらく強い力と弱い力から説明されるだろう。宇宙の大規模構造を支配する重力に焦点を当てた部分では、ブラックホールやビッグバン宇宙についての刺激に満ちた議論が展開される。最新宇宙論のバックグラウンドのすべてが、一貫した物理学の眼差しをもって明快に整理されている。
定常宇宙モデルのほかならぬ提唱者であったフレッド・ホイルが、初期の宇宙に関する難問に現在どう立ち向かおうとしているか――その「野心的な」仮説は本書最終章にある。ビッグバンは本当にあったのだろうか。われわれは未だ解答を知らない。



著訳者略歴

F・ホイル
Sir Fred Hoyle

1915年イギリスに生まれる。1936年ケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジ卒業。ケンブリッジ大学天文学・経験哲学教授、同大学理論天文学研究所所長、カリフォルニア工科大学客員教授を歴任。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
J・ナーリカー
Jayant Narlikar

スリランカに生まれる。ケンブリッジ大学卒業。現在、タタ基礎科学研究所(インド、ボンベイ)教授。著書『重力――宇宙を支配する力の謎』(1982、邦訳日経サイエンス社)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
桜井邦朋
さくらい・くにとも

1933年埼玉県に生まれる。1956年京都大学理学部卒業。京都大学助教授。NASA主任研究員。メリーランド大学教授を経て、現在、神奈川大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
深田豊
ふかだ・ゆたか

1948年大阪に生まれる。1972年名古屋大学理学部卒業。現在、東京大学宇宙線研究書協力研究員。神奈川大学講師。訳書『宇宙に生命を探る』(共立出版)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
星野和子
ほしの・かずこ

1969年お茶の水女子大学理学部卒業。1971年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。現在、神奈川大学、湘南短期大学講師(非常務)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「宇宙物理学の最前線」の画像:

宇宙物理学の最前線

「宇宙物理学の最前線」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/536頁
定価 9,350円(本体8,500円)
ISBN 4-622-04084-0 C3044
1991年7月17日発行
<ただいま品切です>