「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



コレクション瀧口修造 3

デュシャン/寸秒夢<品切>


本巻には、晩年の瀧口が私的な作品に愛用していた変名〈東京ローズ・セラヴィ〉の命名者であるマルセル・デュシャンに関する文章を集めた。『デュシャン語録』のすべて、「本・もうひとつの本」「検眼図」「扉に鳥影」など難解な芸術家デュシャン理解への扉となるだろう。

雑誌に発表されたままだった詩「大椿事」「若いピエロの話」やエッセイ、さらにクレー、ガウディ、コーネルら芸術家への詩的オマージュ群を「詩と美術の周囲」と題した。ここにはヴォルス、エリュアールの翻訳を含む。

「骰子の7の目」は自ら監修したシュルレアリスムと画家叢書に寄せた作家論。マン・レイ、ベルメールら7人がその対象となっている。

そして70年代に集中して試みた夢の記述「三夢三話」「星と砂と日録抄」「寸秒夢」、15篇に及ぶ夢の記録(未発表)は戦火に失われた「夢日記」の復活であろうか。真のシュルレアリストの実験精神あふれる一冊。

■月報 加納光於・橿尾正次・合田佐和子



著訳者略歴

瀧口修造
たきぐち・しゅうぞう

1903年富山県に生まれる。1923年慶應義塾大学予科に入学。1926年富永太郎・堀辰雄らの同人誌「山繭」に参加。ランボー、ブルトンから新たな啓示を受け、西脇順三郎教授の教えを受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大岡信
おおおか・まこと
武満徹
たけみつ・とおる
鶴岡善久
つるおか・よしひさ
東野芳明
とうの・よしあき
巖谷國士
いわや・くにお

この本の関連書


「デュシャン/寸秒夢」の画像:

デュシャン/寸秒夢

「デュシャン/寸秒夢」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/472頁
定価 10,260円(本体9,500円)
ISBN 4-622-04393-9 C1370
1996年11月1日発行
<ただいま品切です>