「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



コレクション瀧口修造 別巻

補遺/瀧口修造研究<品切>


〈補遺は〉、戦後の混乱期に書かれた「戦後アメリカ七つの芸術」を中心に、新たに詩・評論等46作品を収録する。さらに実験芸術の種播き人、前衛芸術について力強い磁場の中心であり続けた詩人――その刺激的な全貌を西脇順三郎、花田清輝、ヨシダ・ヨシエ、土方巽、飯島耕一、武満徹ら70余氏にのぼる論考・エッセー・対談によって明らかにする。



著訳者略歴

瀧口修造
たきぐち・しゅうぞう

1903年富山県に生まれる。1923年慶應義塾大学予科に入学。1926年富永太郎・堀辰雄らの同人誌「山繭」に参加。ランボー、ブルトンから新たな啓示を受け、西脇順三郎教授の教えを受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大岡信
おおおか・まこと
武満徹
たけみつ・とおる
鶴岡善久
つるおか・よしひさ
東野芳明
とうの・よしあき
巖谷國士
いわや・くにお

この本の関連書


「補遺/瀧口修造研究」の画像:

補遺/瀧口修造研究

「補遺/瀧口修造研究」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/896頁
定価 15,660円(本体14,500円)
ISBN 4-622-04404-8 C1370
1998年7月24日発行
<ただいま品切です>