「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



辻まこと全集 2

画文 2(1968-75)

著者
辻まこと

本巻は1968-1975年に発表された画文、詩、戯曲、講演、エッセイ、書評を編年順におさめ、掲載誌紙、年代が特定できなかった諸編、手稿、新資料を「補遺」としてくわえた全104篇。挿画は初出時の作品を使用している。
著者が大人の絵本と呼んだ「ずいどう開道」「一所懸命の人」「奥武蔵非推奨コース」「旅はみちづれ」「けもの捕獲法」にみられるユーモアと詩情と童心が渾然一体となった物語、冷徹な観察力で人間の行為の理不尽を描写した戦争中の中国での体験談「山賊の話」「写生帖」「告天子」「虫の意気」「はじめに女ありき」といったカリカチュア的戯曲など多様なジャンルの仕事をここに網羅することができた。辻まことの言葉は、読者に交感をもとめ、沁みるように訴えかけてくる――「人と人との間に燃える焔がなくなると、言葉はどういうことになるか、その変化を文化だの進歩だのと私には思われない」



著訳者略歴

辻まこと
つじ・まこと

1913-1975。父は辻潤、母は伊藤野枝。1928年に渡欧。翌年帰国。43年、陸軍に徴用され中国に渡る。47年に帰国したのちフリーのグラフィック・デザイナーとして多くの作品を描いた。「スポーツは山登りとスキーをやる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

勝峰富雄(編集者)
<Jane 2010年冬号>

この本の関連書


「辻まこと全集 2」の画像:

辻まこと全集 2

「辻まこと全集 2」の書籍情報:

菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/480頁
定価 8,640円(本体8,000円)
ISBN 4-622-04432-3 C1395
2000年6月9日発行

この本を購入する