「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



風呂<品切>

XIZAO

著者
楊絳
訳者
中島みどり

人民共和国成立直後の北京。舞台は小さな文学研究社。そこでは老若男女、様々な世代の職員たちが、深刻かつ滑稽な悲喜劇を演じていた……
ヨーロッパ帰りの青年研究者・許彦成と美しい妻・杜麗林、そして若い図書係の女性・桃?この三人が微妙に描きだす恋愛の行方を軸にして、研究社をめぐる幾つもの男女のドラマが、時に辛辣に、時にユーモラスに語られていく。
「三反」運動――この愛の物語が織り上げられる時代背景は、以後の中国が三十余年繰り返すことになる、知識人たちの思想改造の最初の経験の上に置かれている。「文革」あるいは天安門の原点とも言うべき、知識層大量粛清のグロテスクを、しかし作者は後世の史家の冷酷さで裁くことなく、作中人物たちに寄り添う等身大の視座から捉えている。
ジェイン・オースティンの優れた論者でもある女性作家・楊絳は、叙述の細部、語り口の面白さに趣向をこらし、人物描写に円熟の筆をふるう。
愛と政治が優雅に張りめぐらされる蜘蛛の巣としての物語。今年フランスでも訳出された、注目の一篇である。



著訳者略歴

楊絳
やん・しゃん

1911年生れ。原籍は江蘇無錫。北京、上海などを経て、蘇州の東呉大学(法科)を卒業、北京の清華大学研究院(外国文学専攻)に進む。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中島みどり
なかじま・みとり

1939年生れ。京都大学文学部卒業。専攻は中国文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「風呂」の画像:

風呂

「風呂」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/440頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-04556-7 C0097
1992年10月7日発行
<ただいま品切です>