「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大西巨人文選 1

新生<品切>

1946-1956

著者
大西巨人

戦後文学の金字塔『神聖喜劇』をはじめとする数々の傑作によって、現代日本文学の極北を独り、力強く歩み続ける作家、大西巨人。戦争直後から現在に至る、この半世紀にわたって、彼はまた比類なき思考者として、日本の思想/文学状況の根底問題への透徹した考察をエッセイに書き続けてきた。本『文選』は、示唆あふれるそれらエッセイ群から、大西自らが選び、年代順に集成した、待望のエッセイ集である。

第1巻は、思想家=作家、大西巨人のみずみずしい出発を告げる、戦後10年のエッセイを集めた。特に1952、56年の二度にわたって書かれた論文「俗情との結託」は、『真空地帯』批評を軸に、〈政治と文学〉の核心問題を剔抉した、戦後文学史に残る名エッセイとして知られるものである。他にも、志賀、太宰、中野らへの明察に満ちた批評を集めた本巻は、『神聖喜劇』への序章でもある。

巻末対話として、柄谷行人氏との対談「虚無に向きあう精神」を併せ収める。



著訳者略歴

大西巨人
おおにし・きょじん

1919年福岡市生まれ。九大法文学部中退。毎日新聞西部本社に入社後、1942年対馬要塞重砲兵連隊に入隊する。戦後、福岡で『文化展望』の編集に従事、また『近代文学』同人として、小説・評論を執筆。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「新生」の画像:

新生

「新生」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/480頁
定価 4,860円(本体4,500円)
ISBN 4-622-04641-5 C1395
1996年8月8日発行
<ただいま品切です>