「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



出淵博著作集 1

イェイツとの対話<品切>

著者
出淵博

著者はすぐれた英文学者であり、詩作品に関する精緻な解説、批評理論に対する該博な知見、また的確かつ流麗な翻訳において、知る人ぞ知る稀有な存在であった。残念ながら氏は思わぬ病を得て、積年の研鑽を集成・刊行する日を見ずに、1999年夏、亡き人となった。故人の遺志を汲み友人・子弟の協力を得て、その学者としての全貌を世に示すべく、ここに「著作集」全2巻を刊行する。

本巻はイェイツの詩作品の精緻な分析から『ひとつの幻想』のユニークな解読へ、またシェイクスピアやブレイク、ネルヴァル、マラルメとの関係などを明らかにする。


目次


イェイツの《6ペンスの唄》/天使たちとの交わり――「超自然の唄」をめぐって/開かれた本――幻想小説としての『ひとつの幻想』/対応物の出会い――イェイツとジョイス/イェイツのシェイクスピア体験/ある誤読――イェイツのブレイク受容の一断面/彗星の擦れ違い――マラルメとイェイツ/ある自伝の余白に――イェイツとプルースト/終わりのないノストス――パウンドの『詩章』/モード・ゴン――もう一人のヘレーネ/批評家としてのイェイツ/他


著訳者略歴

出淵博
いずぶち・ひろし

1935年、東京に生まれる。1959年、東京大学教養学部卒業。日本放送協会(NHK)報道局に入局。1962年退職し、東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻課程に入学し、1968年、博士課程満期退学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「イェイツとの対話」の画像:

イェイツとの対話

「イェイツとの対話」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/360頁
定価 8,800円(本体8,000円)
ISBN 4-622-04716-0 C3398
2000年8月10日発行
<ただいま品切です>