「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



詩人が贈る絵本 2

人生の最初の思い出<品切>

WHAT YOU KNOW FIRST


なぜ、ここを、はなれなくちゃいけないんだろう? どんなところへ、ゆかなくちゃいけないんだろう?

どこまでも澄んだ空。どこまでもつづく大草原。そして、大きなハコヤナギの木。じぶんがそこで生まれ、そこでそだった土地の、愛しいものすべてに、さよならを言わなければならない日がやってきた。……

人生の最初の思い出は、いつでも、じぶんといっしょにあるんだ。たとえ、じぶんでは、すっかりわすれてしまってもね。

まるで詩のように研ぎすまされた言葉、深いまなざしを感じさせずにいない版画。ふだんは忘れている感情をかきたてられる、絵本というより、光と影にみちた心のアルバム。



著訳者略歴

パトリシア・マクラクラン
Patricia MacLachlan

1923年アメリカ北西部、風の吹きすさぶ広大な台地にひろがるワイオミング州に生まれたマクラクランは、1986年に『のっぽのサラ』でニューベリー賞を受賞、今日もっとも人気ある子どもの本の作家の一人になった。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
バリー・モーザー
Barry Moser

現代アメリカを代表する版画家、イラストレーター。ブックデザインをふくめた本の仕事に傑出した才能をあらわし、1983年に『不思議の国のアリス』で全米図書賞を受賞。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市生まれ。代表的な詩集に『一日の終わりの詩集』『黙されたことば』(ともにみすず書房)『深呼吸の必要』『食卓一期一会』『世界は一冊の本』『記憶のつくり方』(ともに晶文社)など。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「人生の最初の思い出」の画像:

人生の最初の思い出

「人生の最初の思い出」の書籍情報:

B5変型判 タテ228mm×ヨコ182mm/32頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 4-622-04742-X C8797
2001年11月9日発行
<ただいま品切です>