「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



阿修羅の辞典<品切>

著者
宮本孝正

この小さな書物を著者は序文で「私辞典」と呼ぶ。一般の辞典とは逆に、「言葉の主観的な意味を客観的に述べている」からだ。

【愛飢え男】【愛飢え女】【哀願動物】に始まり【我もの注意】【我割れ】まで、一見ワープロの誤変換か駄洒落と思える見出し語は、その語釈を読むとき、あらゆる細部が言葉についての思考と博捜と愛情に支えられていることに思い至らせてくれる。

ビアース『悪魔の辞典』や芥川龍之介『侏儒の言葉』につらなる箴言集でもあり、別役実や柳瀬尚紀のファンなら、かならずや面白いと思える笑いのセンスにあふれている。

奥本大三郎氏は本書に、こんな推薦のことばを寄せてくださった。「教養と機智と語呂合わせ――鋭い言葉のゴロが正面から飛んで来る。斜に構えて捕るべし。」

国立国会図書館に勤める著者は、夜毎の楽しみとしてこの辞典を書き下ろした。異能の人物による奇妙な文学入門といえるだろう。



著訳者略歴

宮本孝正
みやもと・たかまさ

1951年神戸に生まれる。東京大学農学部卒業。早稲田大学大学院中退。国立国会図書館勤務、現在、逐次刊行物部索引課課長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「阿修羅の辞典」の画像:

阿修羅の辞典

「阿修羅の辞典」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/152頁
定価 2,090円(本体1,900円)
ISBN 4-622-04813-2 C1093
2001年10月1日発行
<ただいま品切です>