「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



外山滋比古著作集 7

シェイクスピア考


いかにしてシェイクスピアは、今なお読まれかつ上演される古典作家になったのか? ベン・ジョンソンはじめ、当時の人気作家に親しむ人は今はもうほとんどいない。また、彼の劇作品にはどうして戸外の場面が多いのか? さらにまた彼の作品には、なぜ年上のしっかりした女性がたくさん出てくるのか?

「シェイクスピアの作品はもともと舞台上演用台本であった。それが十八世紀になると、読者のためのテクストへと性格を変える。それが作品自体の意味を変えることになる……十八世紀に新しくつけられたト書きによって、シェイクスピアは、音楽的、立体的演劇から絵画的戯曲に変貌していったことがわかる。この変動は後世、つまり読者によってもたらされた点が重要である」(著作ノート)。

本巻は、シェイクスピア作品のト書きやエメンデイション(本文修正)の精査によって、読者の受容史を追求した論考を中心に、英文学をめぐる諸エッセーを精選・収録した。


目次


I シェイクスピアの世界
シェイクスピアの世界――聴覚的と視覚的/シェイクスピアと近代的視点/英文学の近代/シェイクスピアの独白/シェイクスピアの第一人称単数/リア狂乱のせりふ/シェイクスピアのイメジ/シェイクスピアの空間/語り部シェイクスピア/年上の女/母親不在の劇
II 異本シェイクスピア
シェイクスピアのト書き/シェイクスピアのエメンデイション/シェイクスピアの句読法
III 外国語と思考
ホレーショーの哲学/アイランド・フォーム/文学史の問題/ピーピング・トム/外国語と思考/マージナル・リーダー/スタイル/日本語と英語の比較
IV 英語の発想
▽と△/頭と尻/YesとNo/大小・前後/ひっくりかえり/「ところの」/“何が彼女をそうさせたか”/せり出すNot/名詞的/形容詞の妙
著作ノート


著訳者略歴

外山滋比古
とやま・しげひこ

1923年愛知県に生まれる。1947年東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。1951年「英語青年」編集長。ついで「英語文学世界」「月刊ことば」を創刊、編集。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「シェイクスピア考」の画像:

シェイクスピア考

「シェイクスピア考」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 4-622-04857-4 C1395
2002年11月8日発行

この本を購入する