「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



メイ・サートン・コレクション

回復まで<品切>

RECOVERING




66歳の1年間(1978-79)は、サートンにはつらい年だった。パートナーとの別離、小説『総決算の時』への悪意ある酷評、乳がんの手術、ふっきれない鬱状態。しかし、「惜しみなく与える」友人たちがいて、小さな命にみちた静謐な自然があり、読書と、そして愛読者たちの手紙に支えられて、彼女は「あるがままの自分」を受け入れることを学ぶ。そして孤独を深めながら、ゆっくりと回復していく。

『独り居の日記』『海辺の家』につづくこの3冊目の日記は、著者みずからが生前、邦訳を希望した一冊だ。



著訳者略歴

メイ・サートン
May Sarton

1912年ベルギーに生まれる。4歳のとき父母とともにアメリカに亡命、マサチューセッツ州ケンブリッジで成人する。一時劇団を主宰したが、1938年に最初の詩集を出版した後は著述に専念する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中村輝子
なかむら・てるこ

北海道に生まれる。東京大学社会学科卒業後、1962年共同通信社入社。文化部記者、編集委員、論説委員を経て、98年退社。現在立正大学客員教授、ジャーナリスト。著書『女たちの肖像』(1986)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

山田太一(脚本家)
<週刊現代 2012年4月7日>

この本の関連書


「回復まで」の画像:

回復まで

「回復まで」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 3,190円(本体2,900円)
ISBN 4-622-04864-7 C0098
2002年4月19日発行
<ただいま品切です>