「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みすずライブラリー 第2期

基底材を猛り狂わせる<品切>

FORCENER LE SUBJECTILE


アントナン・アルトーのデッサンと肖像画に触発されて、デリダは本書を一気に書き上げた。主題sujetは基底材subjectileだ。基底材とは何か? デリダはこう問いながら、解答をあたえるような真似はしない。「デリダのエクリチュールの真の凄味は、哲学によっても文学によってもとうていまともには語りうるような類のものとは思われないこの非=物語を、実際に物語ってみせたという点にあり、それは、観念の断片を並べて漠とした筋道をつけることでは絶対に追いつきようのない実践である」(訳者)。言語という基底材を猛り狂わせつつ、アルトーという事態、および翻訳不可能性という事態を解体構築した、目眩く言語パフォーマンスである。



著訳者略歴

ジャック・デリダ
Jacques Derrida

アルジェリア生まれ。フランスの思想家。 高等師範学校卒業。脱構築、散種、グラマトロジー、差延などの概念を作り出し、ポスト構造主義を代表する哲学者と目される。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松浦寿輝
まつうら・ひさき

1954年東京に生まれる。1976年東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。1980年同大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。1981年パリ第三大学にて第三課程文学博士号取得(アンドレ・ブルトン研究による)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「基底材を猛り狂わせる」の画像:

基底材を猛り狂わせる

「基底材を猛り狂わせる」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/192頁
定価 2,640円(本体2,400円)
ISBN 4-622-05038-2 C1310
1999年6月10日発行
<ただいま品切です>