「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



陸羯南全集 8

「日本」社説 明治36年-37年【オンデマンド版】

著者
陸羯南

日露戦争開始前後の時期。陸羯南は日露戦争を、文明と野蛮、黄色人種の立憲国と白色人種の専制国との間の戦争である、と主張する。日露の軍隊の士気の相違を立憲か否かという政治体制に関係づけて説明する論理、人種論に対して文明の普遍性を強調する傾向は、注目すべき意味を持っている。しかし多面では、中国・朝鮮への抑圧の論理にも転化した。近代国家へと成長しようとする、時代の試練を反映した社説。

[1972年12月初版発行]



著訳者略歴

陸羯南
くが・かつなん

明治期のジャーナリスト。1857年弘前藩に生れる。1874年官立宮城師範学校に入学。1876年退校。1878年司法省法学校に入学。1879年退校。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「「日本」社説 明治36年-37年【オンデマンド版】」の画像:

「日本」社説 明治36年-37年【オンデマンド版】

「「日本」社説 明治36年-37年【オンデマンド版】」の書籍情報:

菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/592頁
定価 16,500円(本体15,000円)
ISBN 978-4-622-06198-4 C3331
2007年7月20日発行