「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トラウマの医療人類学

著者
宮地尚子

トラウマという言葉が飛び交うようになって久しい。冷戦終結後には世界各地で内戦が起こり、「民族浄化」という名の虐殺がつづいた。9・11以降、世界の暴力化は加速していき、イラク戦争下の2004年にはアブグレイブの拷問の写真が新聞の一面を飾った。もとは米国でのベトナム戦争帰還兵への対処から生まれたPTSD概念も、トラウマ同様、日本では阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件をきっかけに注目され、自然災害や交通事故から殺傷事件、ドメスティック・バイオレンス、レイプや幼児虐待その他、それぞれの事情に対処するための重要なキイワードとなってきた。

だが、これらの言葉は正しく理解されているのだろうか。ヴィジョンなき概念の使用から、さまざまな問題が生まれてきているのではないだろうか。

大学で平和社会論を教えるいっぽう、精神科医として医療人類学・文化精神医学にかかわり、性暴力についてのカウンセリングや難民医療にも力を注いできた著者は、このような時代の中で、何を考え、どのような実践をしてきたのか。本書にはそのすべてが映し出されている。移住者問題、薬害エイズ、「慰安婦」問題、PTSD概念と法・裁判、拷問とトラウマ、マイノリティのための精神医学など、その力強く具体的な筆致からは、今を生きるわれわれへの大切なメッセージが伝わってくる。


目次


I トラウマの医療人類学
トラウマと歴史・社会
トラウマと距離
「加害者」の恐怖
ベトナム帰還兵とは誰のことか?
9・11以前と以後に
2002年に観る『ショアー』
トラウマの演出と証言の真実らしさ
マイノリティのトラウマ
マイノリティと狭義のトラウマ体験
薬害エイズとトラウマ
薬害エイズと告知5
「慰安婦」問題と現代の性暴力
ハルモニの証言と傷の存在・不在
身体について
子どものトラウマの半世紀後の影響
オノ・ヨーコの世界
アルグレイブの写真

II トラウマ・暴力・法
想像力と「意味」
精神医療と日本文化
拷問とトラウマ
PTSD概念を法はどう受け止めるべきか?

III 文化精神医学と国際協力
医療人類学と自らの癒し
フィールドの入り口で
揺らぐアイデンティティと多文化間精神医学
移住者のこころの健康と〈ヘルスケア・システム〉
マイノリティのための精神医学
難民を救えるか?

あとがき
初出一覧


著訳者略歴

宮地尚子
みやじ・なおこ

一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻・助教授。精神科医師。医学博士。1986年京都府立医科大学卒業。1993年同大学院修了。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

拙著『トラウマの医療人類学』の中にも何度か登場する、私の元クライアントの女性からメールをいただいた。本の中で確かに自分の存在を認めてもらっているのを感じて、どんなに嬉しいことか。そう書いてあって、この本を出した甲斐があったと思った。

本を出版するというのは、寄る辺ない営みだと思う。 ...続きを読む »

この本の関連書


「トラウマの医療人類学」の画像:

トラウマの医療人類学

「トラウマの医療人類学」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
定価 3,780円(本体3,500円)
ISBN 4-622-07150-9 C3047
2005年7月20日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>