「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



通訳学入門<品切>

INTRODUCING INTERPRETING STUDIES


幾世紀にもわたって行われてきた通訳という営みは、20世紀に入りようやく専門職として登場し、最近になって独自の学術研究対象となるに至った。本書によって、学生も研究者も現役通訳者も「通訳学」という急速に発展している分野に導かれる。
通訳分野の中心的存在であるポェヒハッカーによって書かれたこの『通訳学入門』は、国際会議通訳からコミュニティ通訳、音声通訳から手話通訳まで多彩な通訳形態を網羅している。
本書はまず通訳分野の進展を扱い、影響のあった概念、モデル、方法論的アプローチを検討する。その上で、通訳に関する主要研究分野を提示し、通訳学における現在から将来への流れを確認する。
各章に要点が提示され、さらなる研究へのアドバイスも付されたこの本は、実用的で使いやすい教科書であり、今後さらに発展していく通訳学という重要な分野の、最も信頼できる地図である。

カバー画:斉藤典彦「彼の丘」(2006年)


目次


序 『通訳学入門』への入門

第 I 部 基礎編
第1章 通訳という概念
第2章 通訳学の発展
第3章 アプローチ
第4章 パラダイム
第5章 モデル

第 II 部 研究
第6章 プロセス
第7章 訳出物と訳出行為
第8章 専門職としての実践
第9章 教育方法

第 III 部 方向性
第10章 指針

監訳者あとがき
参考文献
インターネット・リンク
索引(事項/人名/組織名)


著訳者略歴

フランツ・ポェヒハッカー
Frantz Pochhacker

ウィーン大学翻訳学センター准教授(通訳学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鳥飼玖美子
とりかい・くみこ

東京都港区で生まれる。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業。コロンビア大学ティーチャーズ・カレッジ修士課程(英語教授法)修了(MA)。サウサンプトン大学人文学研究科博士課程修了(Ph.D.)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「通訳学入門」の画像:

通訳学入門

「通訳学入門」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
定価 4,400円(本体4,000円)
ISBN 978-4-622-07412-0 C1080
2008年9月10日発行
<ただいま品切です>