「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フロム・ヘル 下<品切>

FROM HELL


上巻で丁寧に用意した数々の物語装置が殺人者の心理の最深部に肉迫するクライマックスへ、さらに濃密な事件の顛末へとなだれこむ下巻。物語を読み終わるすべての読者が、カタルシスを味わうだろう。
ホワイトチャペル連続殺人の“史実”を偏執的なほどのストイックさでたどっているが、本作が再現を試みているのはむしろ、ヴィクトリア朝末期の英国社会である。ホークスムアの建築とロンドンの街、フリーメイソン、君主制、階層間の極端な格差などの要素が組み込まれている。スラム街の娼婦から女王まで、すべての階層に充満する不安とパラノイアの底に、革新と大量殺戮の20世紀が準備されつつある時代。それらの要素の結節点として一つの殺人事件を描きながら、歴史と神話の構造への畏怖と眩暈が表現される。
巻末には補遺として、各ページの註解と、切り裂きジャックをめぐる言説をテーマにした短編が付録されている。著者のねらいや、埋め込まれた仕掛け、サイド・ストーリーを味わい尽くすための手がかりが、この補遺にある。そこに再読、再再読の愉しみまで織り込まれている。

特設サイト:http://fromhell.msz.co.jp/


目次


第九章 地獄より
第十章 この世で一番の仕立屋に
第十一章 不運なドルーイット氏
第十二章 リーズ氏の凶夢
第十三章 クリーヴランド・ストリートに還る
第十四章 ガル昇天す
エピローグ 海辺の老人たち

ロンドン地図、およびホワイトチャペル地区拡大図
補遺I 各章の註解
補遺II カガルモメ捕りのダンス

Murder, Myth & Magic(柳下毅一郎)
翻訳参考図書


著訳者略歴

アラン・ムーア
Alan Moore

1953年、イギリスのノーサンプトンに生まれる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
エディ・キャンベル
Eddie Campbell

1955年、スコットランド生まれのコミック作家。オーストラリア在住。ほかの作品にBacchusシリーズ、半自伝的作品Alecシリーズ、The Black Diamond Detective Agency (First Second Books, 2007)などがある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
柳下毅一郎
やなした・きいちろう

英米文学翻訳家・映画評論家。1963年生まれ。出版社勤務ののち、映画評論家に。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

富山太佳夫<毎日新聞 2009年11月15日(日)>
<東京新聞 2009年11月11日(水)>
<ダ・カーポ特別編集 2009年11月18日発行>
豊崎由美(書評家)
<週刊読書人 2009年12月18日(金)>
渡邊十絲子<婦人公論2010年2月7日号 >
大森望(翻訳・評論家)
<週刊新潮2009年10月29日号 >
大森望(翻訳・評論家)
<本の雑誌 2009年>
瀬名秀明<朝日新聞 2009年12月27日(日)>
上野昻志(評論家)
<1冊の本2010年1月号 >
豊崎由美(ライター)
<クロブロス2009年 >
豊崎由美(ライター)
<熊本日日新聞 2009年11月8日(日)>
<漫画アクション2009年10月20日号 >
風間賢二<ミステリマガジン2010年1月号 >
<Eiga Hi-Ho 2009年 >
豊崎由美<DIME 2009年12月15日号 >
豊撝由美(ライター)
<hitoiki 2010年7月号vol. 40 >
大森望(翻訳家)
<ダ・ヴィンチ2011年1月号 >
豊撝由美<図書館教育ニュース2011年12月18日発行 >
<機械設計2012年7月号 >

関連リンク

この本の関連書


「フロム・ヘル 下」の画像:

フロム・ヘル 下

「フロム・ヘル 下」の書籍情報:

B5判/312頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07492-2 C0079
2009年10月10日発行
<ただいま品切です>