みすず書房

カチンの森

ポーランド指導階級の抹殺

PULIZIA DI CLASSE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 208頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-07539-4
Cコード C1022
発行日 2010年7月 9日
備考 現在品切
オンラインで購入
カチンの森

1939年8月の独ソ不可侵条約、それにもとづく両国の相次ぐポーランド侵攻、こうして第二次大戦ははじまった。
1940年春、ソ連西部、スモレンスク郊外のカチンの森で、ソ連秘密警察は約4,400人のポーランド人捕虜将校を銃殺した。犠牲者数は、同時期に他の収容所などで殺されたポーランド人と合わせて22,000人以上。職業軍人だけでなく、医師、大学教授、裁判官、新聞記者、司祭、小中学校教師など、国をリードする階層全体におよんだ。
しかしソ連は、犯人はドイツであると主張。さらに連合国もすべてソ連の隠蔽工作に加担し、冷戦下も沈黙を守りつづけた。ソ連が事実を認めたのは1990年、ゴルバチョフの時代。92年になるとスターリンの署名した銃殺命令書も閲覧可能になる。
スターリンが、ポーランドという国自体を地図から抹消しようとした理由は何か。なぜゴルバチョフは、もっとも重要な文書の公開に踏み切れなかったのか。著者は簡潔にバランスよく、独ソ不可侵条約とカチン虐殺の関係、欧米列強の対応と思惑、歴史家の責任、さらにはカチンに象徴されるソ連全体主義の根本的な問題と、ふたつの全体主義国家(ナチ・ドイツとソ連)の比較まで、最新資料を駆使しながら解析する。
日本では類書はきわめて少ないが、欧米では蓄積がある。本書はそのなかでも決定版として評価が高い。今後、20世紀ソ連の全体主義見直しのなかで、ますます重要度を増すことだろう。2008年、ハンナ・アーレント政治思想賞を受賞。

目次

序論
I ポーランド分割とポーランド市民のソ連収容所拘禁
II 殺戮と追放
III 階級殺戮、すなわち階級浄化
IV カチンの虐殺——責任者たちを探して
V ソ連のつく嘘と西側によるその隠蔽
VI ソ連の公式見解に甘んじる政治家と歴史研究者
VII ゴルバチョフの沈黙
VIII カチン事件——歴史学と政治へのひとつの教訓

訳者あとがき

原注
地図
カチン事件 年表
索引

書評情報

毎日新聞
2010年7月25日(日)
米田綱路
図書新聞2010年7月31日(土)
寺山恭介(東北大学准教授・日ソ関係専攻)
週刊読書人2010年9月3日
逢坂剛(作家)
朝日新聞2010年9月12日(日)
出版ニュース
2010年9月中旬号
中部財界
2010年11月号
逢坂剛(作家)
朝日新聞「今年の3点」2010年12月19日(日)
野口悠紀雄(早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)
文芸春秋2011年2月号
米田綱路(ライター)
東京新聞2015年12月13日(日)