みすず書房

ハンナ・アーレント、あるいは政治的思考の場所【新装版】

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 168頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-07882-1
Cコード C1010
発行日 2014年9月10日
備考 在庫僅少
オンラインで購入
ハンナ・アーレント、あるいは政治的思考の場所【新装版】

「わたしがつねに念頭においている目的意識とは、アーレントの言葉のありか、〈政治的思考〉の現場を、いかに精密に、しかも息づかいを見失うことなく跡づけることができるのかという一点である」

『全体主義の起原』や『人間の条件』をはじめ、20世紀を代表する政治哲学者ハンナ・アーレントへの注目は、ますます高まってきている。しかし、彼女独特の鍵概念である《現われ》や《あいだ》は、伝統の崩壊という認識からはじめられた彼女の政治的思考と、どのように結びつくのか。また亡命ユダヤ人であるアーレントは、なぜ論争を生んだ『イェルサレムのアイヒマン』を書いたのだろうか。
本書は、ヤング=ブルーエルのアーレント伝や膨大なエッセイ・書簡に分け入りながら、「アーレントとは何者か」を真摯に問いかけていった成果である。亡命知識人アーレント/政治と《あいだ》/アイヒマン論争と《始まり》/「木の葉」の〈身ぶり〉の4章。小著ながらみごとな作品が、ここに誕生した。

[初版2002年2月20日発行]

目次

序論

第1章 亡命知識人アーレント
1 アーレントの不在と存在
2 最後のドイツ系ユダヤ人
3 「われら」と「亡命者」のあいだ

第2章 「政治」と《あいだ》
1 断崖の思考
2 「思索日記」の語るもの
3 〈対等〉の条件

第3章 アイヒマン裁判と《始まり》
1 最後の語りかけ
2 「心」の役割
3 削除された《始まり》
4 政治的思考のために

第4章 「木の葉」の《身ぶり》
1 《応答》としての《身ぶり》
2 「木の葉」の自由
3 残骸の重さ
4 「戦線」の超越、あるいは中断

結論に代えて

参考文献一覧
あとがき