「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アジェのパリ【新装版】

著者
大島洋

ウジェーヌ・アジェが写真を撮っていた時から、百年が過ぎている。アジェの撮影した厖大なパリの写真は、「失われゆく都市への哀惜」というような語られ方をされることが多い。しかし、実のところはどうなのだろう。ここに一人の写真家が決然と、アジェの写真の中へ入って行く。
写真集『ATGET PARIS』を地図のかわりに、パリの小路に滑り込み、郊外との接点を歩き回る。アジェの用いたレンズに近い広角レンズで、ときにはアジェと同じ位置に立って写真を撮る。そこから生まれるアジェの姿は、ずいぶん生々しい。
綿密な計画にもとづいてパリの街区を丹念に撮影していったアジェ。「その一方、写真を撮るということは、結局のところ写真家の直観と直感であり、待ちを歩きながら、カメラの中に写し出される風景を見つめながら、テンションが高まってゆくノリのようなものである。アジェにしたところで、もの静かな男で、どれほど感情を抑えて撮っているように見えたとしても、まなざしの力に優れ、直観力に優れ、そしてこの言葉にはなりにくい、ノリがよかったからこそ、それらの写真はあるのだと思う。」
パリの路上で、そして東京で、足と目と頭をフルに動かして書き上げられた、斬新なアジェ論にして、写真論、都市論の名著。

【初版1998年8月21日、新装版2008年1月18日、新装版2016年4月8日】


目次


パリ 1
東京 1
パリ 2
パリ 3
東京 2
パリ 4
東京 3
パリ 5

あとがき
掲載写真一覧


著訳者略歴

大島洋
おおしま・ひろし

1944年生まれ。写真家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アジェのパリ【新装版】」の画像:

アジェのパリ【新装版】

「アジェのパリ【新装版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/240頁
定価 3,780円(本体3,500円)
ISBN 978-4-622-07995-8 C1072
2016年4月8日発行

この本を購入する