「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



マイ・アントニーア【新装版】

MY ANTONIA


舞台は19世紀後半のアメリカ中西部。ネブラスカの大平原でともに子供時代を過ごしたこの物語の語り手「ぼく」と、ボヘミアから移住してきた少女アントニーア。「ぼく」はやがて大学へ進学し、アントニーアは女ひとり、娘を育てながら農婦として大地に根差した生き方を選ぶ。開拓時代の暮しや西部の壮大な自然を生き生きと描きながら、「女らしさ」の枠組みを超えて自立した生き方を見出していくアントニーアの姿を活写し、今なお読む者に強い印象を残す。
著者のウィラ・キャザーは20世紀前半の米文学を代表する作家のひとりであり、その作風は後進のフィッツジェラルドなどに影響を与えた。アメリカで国民的文学として長く読み継がれてきた名作を親しみやすい新訳で贈る。

[初版(文学シリーズ lettres)2010年11月7日発行]


目次



第一部 シメルダ一家
第二部 働きにでた娘たち
第三部 リーナ・リンガード
第四部 開拓者の女の物語
第五部 クーザック家の男の子たち

付録 序(1918年版)
解説(訳者)
訳者あとがき


著訳者略歴

ウィラ・キャザー
Willa Cather

20世紀前半のアメリカ文学を代表する作家のひとり。1873年、ヴァージニア州の農家に生まれる。1883年、10歳のときにネブラスカ州に移住。1890年、ネブラスカ大学入学、在学中から地元紙に劇評などを執筆。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐藤宏子
さとう・ひろこ

1934年岩手県に生まれる。東京女子大学文学部英米文学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。マウント・ホリョーク大学大学院修士課程修了。イェール大学大学院アメリカ研究科研究員。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「マイ・アントニーア【新装版】」の画像:

マイ・アントニーア【新装版】

「マイ・アントニーア【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08609-3 C0097
2017年3月15日発行

この本を購入する