「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



スピノザ エチカ抄【新装版】

著者
スピノザ
編訳
佐藤一郎

スピノザは無神論者として、死後もしばらくはその名を口にするのが憚られ、著作も表立っては流布されることが難しかった。だが時を経て、レッシング、ゲーテなどのドイツの文学者が先駆けになって共感を呼び集め、さらにドイツ観念論の哲学者たちによってその哲学が議論の的になるまでの思潮は、スピノザ・ルネッサンスと呼ばれる。スピノザほど多くの人々を共感で惹きつけた哲学者はおそらくいない。ノヴァーリス、ハイネ、シェリーら詩人たち。ジョージ・エリオット、ジェイムズ・ジョイス、ボルヘスら作家たち。そして現代においては、ドゥルーズ、ネグり、レヴィナスら思想家たち。
とりわけ広く読まれる『エチカ』の、第一部「神について」、第二部「精神の自然の性と起源について」、第五部「知性の力、あるいは人間の自由について」の全体と、第三部、第四部の途中までを新たに翻訳した本書によって、幾何学の形式にしたがってスリリングに「神あるいは自然」を論証して行くスピノザの魅力に触れていただきたい。「すべて耀きのあるものは希有であるのに見合って困難である」にしても。

[初版2007年3月23日発行]


目次


第一部 神について
第二部 精神の自然の性と起源について
第三部 感情の起源と自然の性について〔抄〕
第四部 人間の奴隷状態、あるいは感情の勢力について〔抄〕
第五部 知性の力、あるいは人間の自由について

訳注
あとがき


著訳者略歴

スピノザ
Spinoza

1632年11月24日オランダ、アムステルダムのユダヤ人居住区で商人の家に生まれる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐藤一郎
さとう・いちろう

1952年生まれ。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。山梨大学特任教授。著書『哲学的冒険――形而上学へのイニシアシオン』(丸善)『個と無限――スピノザ雑考』(風行社)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「スピノザ エチカ抄【新装版】」の画像:

スピノザ エチカ抄【新装版】

「スピノザ エチカ抄【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08710-6 C1010
2018年5月17日発行

この本を購入する